尾道の食事処「青柳」はおこぜのから揚げ・獲れたて鮮魚をお出しする和食料理店です。観光のお客様にも、お座敷でゆったりお過ごしいただけます。
尾道の和食・食事処 オコゼの唐揚げがおすすめ|青柳 BGメールはこちら
青柳のご案内予約申込みお品書きオコゼくんのつれづれ情報店主の部屋尾道の和食・食事処 オコゼの唐揚げがおすすめ|青柳
青柳のご案内

コースメニュー
今日の料理
リンク集
尾道の風景

青柳イメージ
brade

ハンドベルコーナー イングリッシュハンドベル紹介のページ。「マイ」ハンドベルの紹介や活動のご案内です。

“マイ”ハンドベル!!
マイハンドベル これがうちで使っている「ハンドベル」です。
同じ大きさで音の高さが違う「ミュージックベル」とは違って、低音は大きく高音は小さくなっております。

音が低くなればなるほど大きく重くなり、音が高くなればなるほど小さく軽くなっていきます。
イングリッシュハンドベル』といわれ、いくつかメーカーがありますが、当方ではマルマーク社製を使用しております。

画面では、中央の大きなベルが当方の最低音のC4(ドの音)、その隣りの小さいベルが最高音近くのG6(ソの音)です。高音はこれよりABC(ラシド)の音があり、ベルの大きさももう少し小さくなっていきます。

ハンドベルについて詳しい情報は、こちらまで(「ESPRIT」と言う団体のメンバーが管理運営してるHP)
先頭に戻る

練習してます!!
練習風景 練習風景です。
皆さん結構まじめな顔してやっておりますが、ひとたびベルを机に置くとまぁかしましい事かしましい事・・・・・・?

まぁ、それだけアットホームという事なんでしょう。

練習風景2 んで、ここでは皆さん両手に一つづつベルを持っておりますが、向かって左側の方(高音域)の人たちは時々片手で二つ(両手で4つ)のベルを持つこともあります(これを「クロス」と言います)。

特に縞の服の人は「4つの音を操る女」と言われているとかいないとか・・・。このほかにも、ベルで机の上に敷いてあるマットを叩いて音を出すとかいろんな演奏法があります。(下にマットのことが書いてあるよ)

練習は、水曜日の7:30より当店(青柳)3Fにて行っております。お気軽に見学にお越しください。
先頭に戻る

興味ある方はこちら
練習風景 あなたもハンドベルしませんか?

興味のある方はご連絡頂ければと思います。
(メールにてお問合せいただくか、0848-37-7580(自宅、ほとんど留守電)or 090-9963-5053、info@aoyagiokoze.jp までお願いいたします。)

ちなみに、団体名は、『グローリーエンジェルクワイア』と申します。
先頭に戻る

ハンドベルマットって?
マット これが机の上に敷いてあるマットです。
普通に市販されているウレタンマットで、少々うすら汚れてはいますが、まぁテーブルクロスで隠されてはいるし、これが新しくなったり高級品になったとしても、われわれの腕が上がったりきれいな音が出るわけでもないので、うすら汚れたまま使用しております(買い換える財源もないし)。

マットを敷いたところ1


マットを拡げて(左の画像)クロスをかけた(右の画像)ところです。マットを敷いたところ2




うーん、この汚いマットもクロスをかけると画になるなぁ
(ただし、この画像では練習が終わったあとなので、かなりしわしわになっているけど)。
先頭に戻る



>>>今日の料理  >>リンク集  トップに戻る   
(有)青柳 〒722-0035広島県尾道市土堂2-8-15
      電話:0848-51-6600 E-Mail:info@aoyagiokoze.jp